サロンのご連絡
営業時間のご案内 【 全日 】
08:00 ~ 深夜01:00
◆21:00以降の施術について。
・お顔の施術のみとさせていただきます。
・男性技術者が施術させていただきます。

【 定休日 】
ございません。
※季節のお休みは「お知らせ」をご覧ください。
サロンのご案内 町田サロン
プライベートサロンのご案内 立川サロン 大宮サロン
はじめに > 美肌と脱毛の基礎知識
素肌美への第一歩はお肌の構造を知り、どこをどのようにケアすれば良いかを知ることです。
素肌美は表面だけをケアしていれば手に入るのではなく、皮膚の一番下に存在する真皮層にまで必要なケアを施すことで手に入ります。
お肌の一番表の「表皮」は角質細胞から成り立ち、この細胞が細かければ細かいほどお肌は美しく見えます。
表皮の下にある「真皮」の主成分は、アミノ酸などの保湿成分である天然保湿因子とコラーゲンやエラスチンの細胞間脂質で、角質細胞に挟まれるように層を形成しています。
ここに水分が保たれていることで、お肌はみずみずしくふっくらとした生まれたての赤ちゃんのようなお肌へと導かれます。
お肌は約28日周期のターンオーバー(新陳代謝)を繰り返して生まれ変わり続けています。
そのターンオーバーがスムーズに働くようにサポートして、角質細胞のコンディションを整えることで美しい素肌を育むことができます。
そのためには「天然保湿因子」と「細胞間脂質」が正常に機能して、水分を斉一、確実に細胞内に保持することが大切です。
素肌美の条件
1.ハリがある
2.艶がある
3.みずみずしい 4.すべすべしている
5.キメが整っている
6.肌トラブルがない
7.毛穴が引き締まっている
8.血色が良い
9.透明感がある
10.脂っぽくない
「天然保湿因子」、「細胞間脂質」、「皮脂膜葉」は素肌の美しさを守る3つの要素です。
しかし、この3つの要素はさまざまな原因により失われます。
その結果、角質層の水分不足、バリア機能の能力低下、新陳代謝(ターンオーバー)の乱れを引き起こして肌老化や肌トラブルの原因となります。
天然保湿因子は加齢による皮膚の老化で供給が不足しますが、紫外線や寒さも天然保湿因子を不足させてしまう原因となります。
細胞間脂質はタンパク質分解酵素の働きが乱れることで力が衰えますが、加齢による皮膚の老化や血行不良も衰えの原因につながります。
皮脂膜葉は洗顔により保護機能や蒸散防止機能が取り除かれ外部からの刺激を受けて傷つきやすくなり、水分も不足して潤いを保てなくなります。
細胞間脂質の減少
ターンオーバーの乱れ
バリア機能の低下
毛はお肌の表皮から外側に出ている部分と、表皮の内側に生えている部分に区別されます。
外側に出ている部分を毛幹、内側の部分を毛根、その毛根を包んでいる部分を毛包(毛穴)といいます。
毛は、毛根の根元に存在する毛乳頭が活性化することにより、毛母細胞が分裂を繰り返してつくり出されます。
また、年齢が上がるにつれて太く濃く範囲も広くなるため、年齢に比例して自己処理に要する時間も長くなり、お肌に与える悪影響も大きくなります。
毛が太く広範囲に生えるにしたがい、毛穴の開きや色素沈着などの肌老化もより目立つようになります。
毛は永遠に伸び続けることはなく、成長しては抜け落ちるという一定のサイクルを繰り返しております。
この毛の生え変わるサイクルを「毛周期」といいます。
毛周期は成長期(伸びる)・退行期(毛が抜け始める)・休止期(活動を停止)があり、この3つのサイクルを経て体毛は常に生え変わります。
表面に出ている毛は体毛全体の1/3(30%)ほどになります。
また、表面に出ている毛は「成長期」、「退行期」、「休止期」が混在しているため、脱毛の施術を3回(1/3づつ)受けられても毛は無くなりません。
脱毛は毛乳頭にダメージを与えて再生不能状態にしなければならず、毛乳頭にダメージを与えるためには毛乳頭が活性化している成長期に脱毛を受けられる必要がございます。
退行期で毛が抜け落ちても、毛乳頭がある限り毛は再度生えてきます。
毛周期は頭髪で「5年前後」となりますが、まつげや眉毛では「3ヶ月程度」と毛の生えている場所により異なるため、全ての毛が成長期として表面に出るには12ヶ月以上かかります。
 
< 成長期の毛  >
毛包がお肌の奥深くまで入り込み、毛乳頭と確実に結びついています。
毛母細胞が毛乳頭から栄養を取り込み、毛は上に向かい活発に伸びていきます。
 
< 退行期の毛 >
毛乳頭の活動が止まり、毛母細胞への栄養供給が止まるため毛の成長も止まります。
毛包が収縮することにより、毛は上へ押し上げられていきます。
 
< 休止期の毛 >
毛包の深さは成長期の1/3まで縮みます。
毛は完全に固着力を失い、引っ張れば簡単に抜ける状態になります。
毛乳頭は次の成長期がくるまで活動を休止します。
エステティックサロンでの脱毛方法は「光照射式脱毛」といわれ、カメラのフラッシュのように光を発してムダ毛を処理する方法となります。
サロンにより名前は異なりますが、フラッシュ脱毛、IPL脱毛、ヨーロピアン脱毛、ハイパーショット脱毛、L2PL脱毛、プラズマ脱毛などは同じ光照射式脱毛です。
この光照射式脱毛は、光を脱毛施術箇所に照射して毛乳頭を弱める方法となります。
光は色素に吸収されると熱に変換するという特性を利用した方法で、お肌のメラニン(黒い色:毛)だけに反応する波長の可視光線(パルス光)をお肌に照射することにより、お肌の周辺組織は傷をつけずに毛根だけに熱ダメージを与えます。
この照射を数回繰り返すことにより毛乳頭が徐々に弱まり、自然と毛が抜け落ちます。
基本的にクリニックで施術されるレーザー脱毛と光照射式脱毛は同じ原理となりますが、レーザー脱毛はより出力の高いエネルギーをピンポイントで照射することに対して、光照射式脱毛はレーザーよりも出力を抑えて広範囲に照射します。
光照射式脱毛方法は、1回で効果を出すような高いエネルギーを照射しない限りお肌に優しい脱毛方法となります。
素肌美脱毛の照射効果
< 成長期の毛 >
脱毛は毛乳頭に熱のダメージを与えます。
成長期の毛は毛乳頭が活性化して熱を吸収するメラニンが多く存在しています。
また、毛と毛乳頭が確実に結びついているため、毛で受けた熱を毛乳頭へ伝えることができる成長期の毛が脱毛に有効な状態となります。
< 素肌美脱毛FHRのEライト照射 >
パルス光による照射で光はメラニンに反応して熱に変わり、毛根から毛乳頭へと熱を伝えます。
また、RFエネルギーにより毛全体の周囲からメラニン組織にダメージを与えます。
そして、熱により毛乳頭や毛母細胞はタンパク変性を起こして徐々に弱まります。
< 自然と抜け落ちます >
成長期にある同じ毛に対して約2~3回照射することにより、毛乳頭は徐々に弱まります。
毛質も細くなり自然と抜け落ち、周辺組織は老廃物として対外に排出されます。
そして、Eライト効果により毛穴も縮み目立たなくなり、フォト機能により美しいお肌へと導きます。
毛周期は毛の生えている場所により異なるため、お客様の脱毛箇所により回数や期間も異なります。
ワキの体毛は約2ヶ月ほどで毛周期を一周します。
そのため、ワキ脱毛の場合は2ヶ月に1回の施術を受けられることにより、約6ヶ月で表面に出ている全ての成長期の毛に対してダメージを与えることができます。
しかし、1回の施術では完全に毛乳頭へダメージを与えることができないため、毛は抜け落ちません。
毛乳頭を弱めるためには、同じ毛の成長期に合わせて2~3回の脱毛(照射)が必要になります。
毛質や毛量、毛周期は個人により差はございますが、1~2ヶ月に1度の間隔で脱毛を受けられることにより、約1年半~2年で全ての成長期の毛に対して再生不能状態になるダメージを与えることができます。
脱毛完了までの施術回数は、ワキの脱毛では約2年、12~15回が目安となります。
  美肌再生脱毛 光照射式脱毛  レーザー脱毛 ニードル脱毛
(電気脱毛)
 
効果 長期脱毛 長期脱毛 永久的脱毛 永久脱毛
照射範囲
広範囲
(約80~200本)
隙間ができず打ちもれしない
レーザーよりは広範囲
(約30~120本)
隙間ができず打ちもれしない
1点照射
(約1~10本)
隙間ができ打ちもれする
1本づつ毛穴に針を差し込み、毛根部を破壊していく
うぶ毛 可能 不可能 不可能 可能
時間 両脇約3分 両脇約5分~10分 両脇約20分 両脇約90分
終了期間 2年 2年 1年 3年~4年
資格 必要なし 必要なし 医師法(エステサロンでは不可) 医師法(エステサロンでは不可)
安全性 表皮をマイナスまで下げるため、火傷の心配がない
日焼けをしている方は注意が必要
出力が強いため、火傷やシミになる場合がある
毛母細胞を焼くために腫れ、水泡ができる危険性がある
白人専用機となり、黄色系の方は注意が必要
医療機関での施術のため火傷・炎症を起こしても早急な処置が可能
軽い火傷や色素沈着ができる
腫れ、炎症を起こしやすい
毛穴が広がる
運営危機 安心の国産機 高性能・高出力をメリットとして違法な外国製を使用しているサロンも多い 外国製機器でも医療機器として認可 外国製機器でも医療機器として認可
前処理 毛を剃る必要がある 毛を剃る必要がある 毛を剃っていても可能 毛を5~10mm伸ばす必要があり、目立つ
痛み ほとんどなし 
輪ゴムを弾いた痛み、チクッとした痛みを感じる
毛量が多い、毛質が太い部分は刺すような痛みを感じる場合がある
毛は瞬間的に70℃まで熱せられるため、機器と肌の接触部分で火傷を起こす場合もある
ピリッとした痛みと熱を感じる  刺すような強い痛みを感じる
料金 安い 安い 普通 高い